Iリーグチャンピオン

今シーズンのIリーグは末岡選手が所属するサルガオカがJCTに2-0で勝利し、勝ち点56で優勝を決めました。

2位のデンポは2試合を残して勝ち点47だったので、サルガオカが負けてもデンポが12点以上2試合でとらない限り優勝でした。

しかし、なんと!デンポも昨日の試合で14-0でエア・インディアを破るというサッカーではあまり考えられない結果に終わりましたが、昨日はサルガオカが無事に勝利したために優勝となりました。

インドサッカーは何が起きるわかりません。

エア・インディアは降格争いをしています。親会社の方も、経営がよくないようですから、どうなることか注目です。

最近、韓国リーグで不正があったり、FIFAの理事の不正があったりとサッカー、スポーツ界ではあってはならないことが起きています。

サッカー、スポーツはフェアでなければいけません。

デリーサッカー事情

昨日はシムラヤングスアカデミーU-8とU-12が練習試合を行いました。

公園など空地があれば、クリケットばかりのデリーですが、最近は、少年サッカーチームが増えてきているように思います。

子供たちがサッカーに興味をもち、それをどのように普及につなげていけるのか。

やはり、一番は子供たちが、大会などでゲームを数多くできることではないかと思います。

まだ、デリーでは公式戦はおそらく1年に2~3試合くらいだと思います。

大会を運営、企画していくのはサッカー協会になると思います。

先日デリーサッカー協会の会長選がついに無事終わりました。

選挙日からもめにもめたそうで、延期、延期で5か月かかりました。その間、州リーグも延期されています。

新しいデリーサッカー協会には子供達がたくさん試合ができるような運営と環境づくりを期待したいものです。

キッカーズ

ここデリーにも熱いサッカーチームがあります。

キッカーズという日本人会の少年サッカーチームがもともとあり、日本人学校の先生や駐在員さんが指導をしています。

大人も指導だけでなく、サッカーを楽しもうということで、去年から大人キッカーズがスタートしました。

いざ始めてみると、サッカーが好きな人がたくさんいて、今では50名近いメンバーが登録しています。

これだけの人数が集まるサッカー人気の高まりに感動しつつ、指導だけでなく、サッカーを楽しんでいます。

何か目標があった方が面白いということで、アジアの駐在員が中心となって毎年行われている、J-ASIAという大会に参加することを目標にしました。

去年は初参加をし、今年も参加目指し、大会での活躍を目標に毎週土日練習に励んでいます。

何歳までサッカーをプレーできるかわからないけど、サッカーができるのは最高ですね。

そんな環境を与えてくれる仲間に感謝です。

最終節

最終節の結果は、1位のシーロンラジョンが勝ち16ポイント。2位のスポルティングゴアも勝ち14ポイント。引き続き来年度もこの2チームがIリーグで戦うことになりました。3位のヴァスコはユナイテッドシッキムに勝ちましたが、13ポイントでした。

1部と2部のチームでは、クラブの規模から選手層などさまざまな違いがあります。

これからはオフシーズンに入ります。その間に、選手の移籍やスポンサーとの契約などがあります。

来シーズンに向けてシムラも改革が必要です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2部リーグ決勝ラウンド

Iリーグ2部決勝ラウンドが盛り上がっています。

最終節を残して、1位のシーロングラジョンが13ポイント、2位のスポルティングゴアが11ポイント、3、4位はユナイテッドシッキムとヴァスコが10ポイント、5位は9ポイントのアルヒマです。

最終節で、

シーロンは引き分け以上で昇格。

スポルティングゴアは勝ち点3で確実に昇格。

シッキムとヴァスコは直接対決で、勝ち点3+スポルティングゴアが負ければ、勝ったチームが昇格。

アルヒマは勝ち点3+大量得点+スポルティングが負けて、シッキムとヴァスコが引き分ければ昇格。

何が起きるか分からないのがインドリーグ、最後まで目が離せません。

絵にかいたような最終レース。熱い戦いになるだろう。

シムラヤングス アカデミー

シムラヤングスはU-8からU-18までのアカデミーがあります。

週3回、子供達が元気にサッカーをやっています。U-13 ,16,18は選抜チームもあり、U-13,16は7月にスウェーデンで行われるゴティアカップに参加予定です。

インドではまだまだ、長期一貫で選手育成をやっているチームは少ないですし、育成年代の国内の大会もインドサッカー協会主催のもので年に1回。それも州選抜単位での試合。クラブ単位での公式試合は年に2~3回くらいしかありません。

なので、スウェーデンの大会参加は子供達にとって、いいモチベーションになっているようです。

そのうち日本にも遠征に行ければいいなと考えてます。

将来、バルセロナのように、下部組織から選手を育てて、トップチームで活躍できる選手を輩出することが目標ですが、そのためにはトップチームも1部昇格に昇格し、ステータスを高めなくてはなりませんね。

育成コーチ達と勉強会を始めることになりました。

一歩一歩、上を目指して行きます。