カテゴリー別アーカイブ: SAFF CUP

SAFF CUPはインドが優勝

インドが前回大会に続いての優勝

SAFF CUPの決勝はアフガニスタンを4-0で破ったインドが優勝。

試合会場にも多くの観客が集まり大会一の盛り上がりを見せた。

入場ゲートは大行列。

といってもインドはどこでもセキュリティーチェックが厳しいのですが、

おそらくこんなに人が集まると予想していなかった運営側が一つのゲートしか開けてなかったので大行列に。

シンガポール国籍のインド人レフリーが疑惑の判定!?

キックオフの笛を吹く審判を見るとターバンを巻いたインド人レフリー。

国籍はシンガポールとのこと。

ちょっと不安に?? 公平に吹けるのか?? 続きを読む SAFF CUPはインドが優勝

SAFF CAP その後

インド対アフガニスタンの決勝

昨日準決勝2試合が行われインドがモルディブを破り、

アフガニスタンが延長の末、ネパールを破り決勝へ駒を進めました。

自チームの練習試合は1-2で敗れる

シムラヤングスの若手の練習試合があったので、その後スタジアムに準決勝を途中から観戦しに行く予定でしたが、

終わりが遅くなってしまい間に合わず。

理由は話せば長くなるのですが・・・溜息。

チームの練習試合の集合時間に半分以上の選手が遅刻してきて試合前に説教。

試合の15分前に到着なんてありえないですよ普通は。

新しい選手が入ってきたので、そういったこともまた1から指導。

恥ずかしながら、こんなこともよくあるくらいプロ意識に全くかけてます。

昨日の練習で練習や試合に臨む姿勢について話したばかりだったのですが・・・。

だって、練習に休んでたやつがSAFF CUPの試合観戦に彼女と行ってて、

試合中にテレビが観客席を映した時に、ばっちり映ってたんですよ。

それをしっかりチームの監督(私)に見られているとは気づいていないかわいそうな選手。笑

そして、次の日に同じことを繰り返して・・・本当にがっかりですが、こんなことはよくあるので今回はどう対処しようかなと考える。

基本的には遅刻は罰金。

今回はそれにプラスして試合に負けたら走り・・・。 中学生・高校生レベルですよ。

最近はそういうのはないかな。

で、まさかの負け!

で、約束通り走り。

・・・・・・・

ということでSAFFカップは観戦できず。

決勝は絶対見に行くぞ。

SAFF CUP インド対ブータン

インド代表対ブータン代表の試合を観戦。
インド代表は初戦はアフガニスタンと引き分け、
アフガニスタンがスリランカに勝ったため、準決勝に進むためには勝たなければいけません。

インドが試合を支配

 ブータン代表は、マンツーマンでインドの攻撃を懸命に防ぎます。

ゴール前で何とかクリア、または、オフサイドに救われるという展開が続きます。

前回のブータン代表は奪ったボールをビルドアップできませんでしたが、

この試合ではアタッキングサード手前まで攻撃します。

しかし、シュートや突破までは至りませんでした。

徐々にインドも、セットプレーやワイドからの攻撃で相手ゴールを脅かし、

前半は2点、後半は3点を奪いました。

インドが勝ち点3を取りました。

埃だらけの観客席
今回デリーで初めてネルースタジアムがサッカーの国際試合で使われました。
このスタジアムは、昨年行われたコモンウエルス大会のために大金をはたいて改築されたスタジアムで、
デリーでは一番いいスタジアムです。
しかし、さすがインド!
祭りの後そのまま放置されたような感じで1年間も使われてなかったため、
イスは埃だらけで、一般用のトイレも施錠されたままでメンテナンスが行き届いてません。
こういう大会の運営やスポーツ施設の使用状況、
メンテナンス具合からもその国のサッカーの発展の度合いも見えるような気がしました。
でも、一般席は75ルピー(約114円)だから多少汚くても文句言えませんね。

SAFF CUP

South Asia Football Federation Cup (南アジアフットボール連盟杯)

サウスアジア フットボール フェデレーション カップが、

インドのデリーで開催されています。

参加国は、地元で前回優勝国のインド、ブータン、アフガニスタン、

スリランカ、モルディブ、バングラデシュ、パキスタン、ネパールです。

FIFAランキングではバングラ142位、ネパール143位に続いてインド162位となっていますが、地の利を生かしてインドが有利かなという感じです。

注目は、松山博明ブータン代表監督

ブータン代表を率いるのは、松山博明監督。Jリーガーとして活躍の後、

日本でヴィッセル神戸や大分トリニータなどの監督経験を経て、JFAのアジア貢献プロジェクトでブータンに赴任され、ユースアカデミー、女子代表、男子代表の監督を兼任されています。

ブータンは人口39万人。山々に囲まれ、九州と同じくらいの小さな国だそうです。

松山さんの話ですと、高地に位置しているために、アパートの3階まで階段を上るだけで、息切れすると言っていました。

住むだけでも大変な国ですが、サッカーの環境なども発展途上のようで、

インドよりずっと大変そうだなという印象を受けました。

スタジアムで会った松山監督はとても溌剌としている方でブータンでの指導の大変さを感じさせないエネルギッシュな方でした。

昨日はブータンの初戦で、対戦相手はスリランカでした。

松山監督が激を飛ばし選手を鼓舞する姿がとても感動的でした。

結果は残念ながら0-3でした。

次戦は12月5日にデリーのネルースタジアムで18時からキックオフです。

頑張れブータン代表!