ラオスU13チーム

《デリーでもゲリラ豪雨》
短い時間にものすごい豪雨でいたるところが瞬時に洪水になり交通機関がマヒしたり道路が陥没したりしている
最近のデリーです。

《JFA熊本宇城アカデミーで合宿》
6月にラオスU13代表チームが日本でトレーニングキャンプをするに当たり、2週間帯同する機会がありました。

場所は、JFAの熊本宇城アカデミーでした。

ラオスの子供達は、素直で礼儀正しく、感覚的にもすごく近いものを感じました。
言葉はタイ語に近く、挨拶するときは手を合わせてお辞儀します。

アカデミーの子供達と一緒に生活していて、日本の子供達が朝掃除などをしていると、自分たちもすぐに掃除などを行うようになりました。
インドやスーダンの子供達に現地でいくら同じことを言ってもなかなかこうはならないと思いますが、
これがまさに「百閒は一見に如かず」だと感動しました。

オンザピッチにおいては、最高の環境で目を輝かせてJFAコーチングスタッフによる最先端のトレーニングを真剣に取り組んでいました。
技術も高い子供もいて、将来性を感じる選手もいました。

言葉はそれほど通じなくても、子供達はすぐに打ち解けます。
日本の子もラオスの子もピッチに立つとお互い切磋琢磨し、
ピッチ外では、楽しく交流していました。

感心したのは、ラオスのサッカー協会がこの年代を日本にお金をかけてトレーニングキャンプに送っていることです。
しっかり育成に投資をしている、ラオスサッカーの将来性を感じました。

今回、ラオスの子供達だけではなく、アカデミーのスタッフの方や地元の方などたくさんの人々と触れ合い、たくさんの刺激をいただきました。
この刺激を力にまた精進していこうと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です