デリーユースリーグ

《子供たちのリーグ》
デリーユースリーグが来年1月から始まります。
カテゴリーは
U-8
U-10
U-12
U-14
までの7人制のスモールサイドゲームで、交代は自由です。
毎週日曜日1試合ベースのリーグ戦で行われます。
参加チームもコーチかマネジャーがいれば、近所同士でも、学校の友達でも、友達同士でもOKというものです。

《サッカーはゲームから学ぶ》

この年代でのゲーム経験が非常に大事で、その後のサッカー生活に影響していきますが、
サッカー途上国では、ユースのリーグというのは大体がU-16くらいからで、U-14以下のリーグというのはほとんど行われていないと言っても過言ではないと思います。
行われているとしても、短期のトーナメント戦が多いと思います。

前にいたスーダンでは、出生証明などを持っていない子も多く、年齢を証明するものがないため、必要なときに公的機関に行って
そこで、適当に年齢証明を発行してもらうので、U-16くらいの大会でも見た目20歳くらいの選手が出ていたりしていました。(笑)

主催者は、オランダ人なのですがリーグの発想もオランダ人らしくシンプルでいて、
「サッカーはゲームであり、ゲームからサッカーを学ぶ」
というオランダサッカーのコンセプトに沿ったリーグだと思います。

オランダのこのような発想が、人口1600万人の国でも、FIFAランキング6位に位置している理由なのかもしれません。

参加登録チームまだまだ受付中だそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です