SAFF CUP インド対ブータン

インド代表対ブータン代表の試合を観戦。
インド代表は初戦はアフガニスタンと引き分け、
アフガニスタンがスリランカに勝ったため、準決勝に進むためには勝たなければいけません。

インドが試合を支配

 ブータン代表は、マンツーマンでインドの攻撃を懸命に防ぎます。

ゴール前で何とかクリア、または、オフサイドに救われるという展開が続きます。

前回のブータン代表は奪ったボールをビルドアップできませんでしたが、

この試合ではアタッキングサード手前まで攻撃します。

しかし、シュートや突破までは至りませんでした。

徐々にインドも、セットプレーやワイドからの攻撃で相手ゴールを脅かし、

前半は2点、後半は3点を奪いました。

インドが勝ち点3を取りました。

埃だらけの観客席
今回デリーで初めてネルースタジアムがサッカーの国際試合で使われました。
このスタジアムは、昨年行われたコモンウエルス大会のために大金をはたいて改築されたスタジアムで、
デリーでは一番いいスタジアムです。
しかし、さすがインド!
祭りの後そのまま放置されたような感じで1年間も使われてなかったため、
イスは埃だらけで、一般用のトイレも施錠されたままでメンテナンスが行き届いてません。
こういう大会の運営やスポーツ施設の使用状況、
メンテナンス具合からもその国のサッカーの発展の度合いも見えるような気がしました。
でも、一般席は75ルピー(約114円)だから多少汚くても文句言えませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です