SAFF CUP

South Asia Football Federation Cup (南アジアフットボール連盟杯)

サウスアジア フットボール フェデレーション カップが、

インドのデリーで開催されています。

参加国は、地元で前回優勝国のインド、ブータン、アフガニスタン、

スリランカ、モルディブ、バングラデシュ、パキスタン、ネパールです。

FIFAランキングではバングラ142位、ネパール143位に続いてインド162位となっていますが、地の利を生かしてインドが有利かなという感じです。

注目は、松山博明ブータン代表監督

ブータン代表を率いるのは、松山博明監督。Jリーガーとして活躍の後、

日本でヴィッセル神戸や大分トリニータなどの監督経験を経て、JFAのアジア貢献プロジェクトでブータンに赴任され、ユースアカデミー、女子代表、男子代表の監督を兼任されています。

ブータンは人口39万人。山々に囲まれ、九州と同じくらいの小さな国だそうです。

松山さんの話ですと、高地に位置しているために、アパートの3階まで階段を上るだけで、息切れすると言っていました。

住むだけでも大変な国ですが、サッカーの環境なども発展途上のようで、

インドよりずっと大変そうだなという印象を受けました。

スタジアムで会った松山監督はとても溌剌としている方でブータンでの指導の大変さを感じさせないエネルギッシュな方でした。

昨日はブータンの初戦で、対戦相手はスリランカでした。

松山監督が激を飛ばし選手を鼓舞する姿がとても感動的でした。

結果は残念ながら0-3でした。

次戦は12月5日にデリーのネルースタジアムで18時からキックオフです。

頑張れブータン代表!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です