コルカタ 1

やはりインドのサッカーの首都は違うなと1日目から感じました。

デリーだったらその辺の空き地でやってるスポーツといえばクリケットですが、コルカタはサッカーです。

サッカースタジアムやサッカー場らしきものもたくさん目に入ってきます。

午前中はコルカタリーグのチームの練習見学に行きました。

このスタジアムはその日の午後に行われる予定である、Iリーグのイーストベンガルのホームスタジアムです。

ちなみにこのスタジアムのすぐ隣にも、Iリーグのチーム、モハンバガンのスタジアムが隣接されています。

この2チームのダービーの時には軽く5万人くらいサポーターが入るらしいです。

午後はコルカタリーグを観戦に日本人にもなじみのあると思われるソルトレイクスタジアムに行きました。

このスタジアムは、2004年にドイツワールドカップのアジア1次予選で日本代表がインド代表と試合をして停電になった場所です。

最近では、9月にメッシ率いるアルゼンチン代表とべネズエラ代表が親善試合をしました。

10万人以上収容できるらしいですが、ベンチがある場所は限られていて、あとはコンクリートの段々に腰掛けるという感じです。

試合は、Iリーグのチーム、イーストベンガルとコルカタ州リーグのチーム、B.N.Rで行われました。

続く・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です