スーパーカップ

昨年のフェデレーションカップの勝者とI-リーグのチャンピオンが戦うスーパーカップがデリーで行われました。(日本で言えばゼロックススーパーカップのような大会です。)

試合は、フェデレーションカップの勝者、イーストベンガル。Iリーグの勝者、サルガオカの両者で行われました。

試合内容は、イーストベンガルがボールを保持し、チャンスを多くつくり、サルガオカがGkのスーパーセーブなどでそれに耐え、そこからカウンターを狙うという展開でした。とてもレベルが高く、両チームとも、コレクティブで、外国人選手だけでなくインド人選手もハードワークしており、見せ場の多い試合で何度も椅子から飛び上がりました。

さすがは、インドを代表するトップ2チームだと関心したとともに、チーム作りの参考にもなりました。

結局90分でも決着がつかず、試合はそのままPK戦へ

PKも10人まで行って、最後は9-8でイーストベンガルが勝ちました。

両チームに拍手を送りたいです。

サルガオカの前線で縦横無尽に動いて何度もチャンスを作っていた末岡選手。試合後、昨年度の年間IリーグMVPを獲得して表彰されました。

大会運営について、Iリーグの試合は、夕方まだ暑い時間に行われることが多いのですが、この試合は19時キックオフでした。やはり選手のパフォーマンスも格段に違いました。スポンサーを大会につけるなどして、集客につなげ大会を盛り上げる努力をすれば、あれだけ質の高い試合が見れるのであればお客さんも満足するし、大会ももっと盛り上がるのではと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です