2次リーグ初戦 対 Royal Rengers FC

2次リーグ初戦は0-1で惜敗。

立ち上がり20分は完全に試合を支配し、決定機を作るものの、クロスの出し手の精度とクロスに対する受け手のタイミングとポジショニングが悪く、決定機をものにできず。また、作戦通り、立ち上がりはロングパスを使って、相手の背後を突く攻撃によって、徐々に相手が下がり、中盤にスペースができてきたものの、ビルドアップの際に簡単にボールを失ってしまったり、有効なサイドチェンジなどができずに徐々に相手にチャンスを与えることになった。前半は0-0で折り返す。

後半も同じような展開が続くがハンドによるペナルティーを取られ失点。

その後ゴールできず2次リーグ初戦勝ち点が取れず。

しかし、選手はファイティングスピリットをもってハードワークしていたので、その結果は次につながってくると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です