ラマダン

《日の出から日没まで》

6月末から1ヵ月間ヨルダンではラマダンが始まりました。

ラマダンは、日の出から日没まで水や食べ物などを口にしません。

毎日、モスクから流れるアザーン(お祈りの呼びかけ)がその日のラマダンの開始と終わりを知らせます。

《朝食は夜の7時50分頃》

ヨルダンの1日はとても長く、最初の食事は夜の7時50分頃です。

それから休憩して、トレーニングは夜10時とか11時に開始されます。

私たちからすると断食はつらいというようなイメージがありますが、

ヨルダン人、イスラムの人達にすると、とても楽しみにしていて1年の中で一番いい時期だという人もいるくらいです。

1日の断食のあとの朝食を家族や親せきみんなで一緒に集まって食べたり、お互いの家を訪問しあい、断食を皆で共有し、一体感のようなものが生まれるのでしょうか。

街も装飾ライトが飾られ、華やかな感じです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です