スーダン

1年半ぶりスーダンに来ています。

デリーも40度を超える暑さですが、ここハルツームも暑い&ドライです。太陽の光の強さがインドとは違います。

FIFAのゴールプロジェクトで作られたスーダンサッカー協会の育成アカデミーの人工芝のチップが暑さで溶けてしまったので、わずか3年で張替!というくらい暑いです。

今はこのように砂利の状態で人工芝待ちだそうです。 ちなみに向こう側のサッカーボールが乗っているのがスーダンサッカー協会です。

写真に写っているのはロシナンテススポーツ事業部の西條君です。 スーダンサッカー協会所属のアカデミーで私の後任として活動しています。 U8~U13のカテゴリーで30人から始まったアカデミーですが、西條君の尽力もあり今ではU8~U15になり、子供たちも80人になっているとのことです。

この西條君が3月に一時帰国していたときに、東京で東日本大震災にあいました。 そして、その1週間後には、ロシナンテス(ロシナンテスホームページ http://www.rocinantes.org/index.html )が宮城で被災者の緊急支援を行いました。彼も現地入りしました。そして1ヵ月間、避難所でエコノミー症候群を防ぐためのストレッチ指導や気分転換のためのラジオ体操、そしてサッカーを被災地の子供たちと行いました。子供たちはまだまだ震災の心の傷が癒えない子も多いそうで、もちろん普段の生活できなかったり、遊び場がなかったりと元の生活に戻るにはまだまだ難しい状況だそうです。

今回スーダンのアカデミーの子供たちを中心に被災地に招待し交流しようということになりました。これまでは日本の子供たちにボールやシューズをもらったりしてサッカーをしていたスーダンの子供たちが、被災地に行き、運動会やサッカー大会を通じて交流し、今度はスーダンの子供たちが日本の子供たちを励まそうという企画です。

明日は、アカデミーの練習ですが、子供たちの成長を見るのが楽しみです。

「スーダン」への2件のフィードバック

  1. 試しにメッセージ入れてみました。
    西条君、元気に頑張っているみたいだね。ヨロシク言っておいてね。
    三田もチフスに気を付けてますます活躍してくれ!

    1. コメントありがとう。西條こと「ジョー」(スーダン人からジョーと呼ばれてます)頑張っているよ!チフスは2度となりたくありません。笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です